睡眠の質を向上させるために”最低限”すべきこと

あなたは睡眠について、こんな悩みを持っていませんか?

  • ぐっすり眠れないせいで、日中眠くて辛い。
  • 夜中に目をさましてしまう中途覚醒をなくしたい。
  • 朝早く起きてしまうので、もっと長く眠りたい。
  • 毎朝眠った気がしないから、質を上げて快適な朝を迎えたい。
  • 寝付きが悪くて時間がもったいないから、早く眠れるようになりたい。
  • 睡眠の質を上げて、できるだけ短い睡眠で済ませたい。
  • 嫌なことばかりで寝れないからどうにかしたい。

 

睡眠は、私たちの人生にとても大きな影響を与えます。ぐっすりと眠れれば、冴えた頭で健康な毎日を過ごせますし、長生きもできます。気持ちが安定して笑顔が多くなり、多くの人から好かれるようになるでしょう。

 

しかし良い睡眠を得られないと、次のようなデメリットに悩まされることになります。

  • 集中力が低下して、運転や仕事でミスしやすくなる
  • 太りやすくなる。
  • 免疫力が低下して病気にかかりやすくなる。
  • 心が不安定になり、うつ病になりやすくなる。
  • 無欲になり、毎日がつまらなくなる。
  • 遅刻や眠そうにしているせいで、社会的信用を失う。
  • イライラしやすくなり、人に嫌われる。
  • 高血圧や糖尿病などの生活習慣病リスクが高まる。
  • 自律神経失調症になる。(呼吸が不安定になったりする。)
  • 肌が荒れ、ターンオーバーが上手く行かなくなる。
  • 身長が伸びなくなる。骨や傷の修復がうまくいかない。
  • 老化が早くなる。
  • 認知症やガンのリスクが大幅に高まる。
  • しっかり寝た場合に比べて、寿命が断然短くなる。

 

「このままじゃヤバイ!」と思ったかもしれませんが、安心してください。

このサイトに来ているあなたは睡眠の大切さを知っているので大丈夫です。何も考えないでいつまでも睡眠をおろそかにしてしまう人よりも、ずっと前にいます。睡眠の大切さに気がつけないで、そのまま短命で死んでいってしまう人はたくさんいますから…。

あなたは気がつけたのですし、この機会に睡眠の質を向上させて、健康な毎日を手に入れましょう!

 

とはいえ睡眠の質を上げる方法なんてものはいくつもあり、中でも効果が大きな方法、効果が小さな方法があるので、「まず自分が何をすれば良いのか?」がわからなくなってしまう方は多いと思います。

そんな方のために、「最低限、絶対にしておくべき睡眠の質を上げる方法」を厳選してまとめておきました。

ここで紹介する方法だけで、高水準の睡眠を得ることができます。

 

これから睡眠を考えていこうという方は、まずはここで紹介する4つのステップをクリアすることで良い眠りを手に入れてもらえればと思います

それから、ここで紹介する方法で満足するなり、さらに快眠法を追求するなりしてください。

 

快眠のために最低限クリアするべき4つのポイント

最低限クリアしなければならないのは、たった4つです。

1 朝日をきちんと浴びる

テレビの睡眠特集などで「朝日をきちんと浴びよう!」みたいなことを1度は聞いたことがあるかと思いますが、これはかなり大事です。

人間は、朝日を浴びた時に睡眠ホルモンである「メラトニン」を生成しはじめます。

だから起きたら忘れずに、カーテンを開けて、朝日を浴びるようにしてください。(二度寝しないように気をつけつつ…。)

 

睡眠の話なのに、いきなり朝の話が出てきたからビックリしましたか?睡眠の改善は、実は朝からコツコツと作り上げていくものなのです。

ただ朝日を浴びるだけでなく、朝の運動もできるとより良しです。時間がある方はあえて歩きで出勤したり、朝のウォーキングをしてみることをオススメします。

 

2 日中リラックスして過ごす/リラックスして寝る

すみやかに眠りにつくには、そして睡眠を浅くしないためには、リラックスした状態で眠ることが大事です。

そしてそのためには、日中快適に過ごす必要があります。

 

会社で上司に怒られた時、他人から嫌なことを言われた時、失恋したとき、仲の良い人と喧嘩してしまったとき、身内に不幸があったとき…。

そんな経験をしたことが一度はありますよね。このとき、夜ぐっすりと眠れましたか?嫌なことを思い出してしまい、眠れなかったのではありませんか?

このように、夜に余計な考え事を作らないためにも、日中快適に過ごす必要があります。

 

とはいっても…、嫌なことを避けられないことってありますよね。職場の人間関係とか、ご近所関係とか、ストレスのたまる仕事とか、どうしようもないこともあると思います。

この記事のもう少しあとで、そういった人のための対策も紹介しますので、ご安心ください。

 

3 光で眠りを妨げないようにする

人の脳は強い光を見ると活性化してしまいます。だから夜はできるだけ光を見ないようにしたほうが良いのですが、今の時代、それは難しいですよね。

仕事や趣味の関係上、寝る直前までパソコンやスマホの光を見なければならない方もいるでしょう。

 

しかし、それらの光は眠りを妨げてしまうので、できるだけ影響がないように工夫しましょう。スマホやパソコンの光を弱めることで、極力まぶしくないようにしてください。

また、できることなら寝る1時間くらい前からスマホやパソコン、テレビの電源をオフにしておくことをオススメします。

 

そして帰りが遅い方は、道中でコンビニのような照明が明るすぎる店に入らないようにしたほうが良いです。強すぎる光が脳を起こすので、寝れなくなったり、眠りが浅くなったりします。

 

4 睡眠サプリを備えておく

どんなに睡眠を気遣っていたとしても、眠れなくなったり、睡眠の質が悪くなることは絶対にあるものです

これだけ快眠を追求している私でもやはり眠れなくなることがあります。テンションが上がりすぎたときや、嫌なことがあった日は特に…。

また人間は歳を取れば取るほど、「メラトニン」という睡眠ホルモンの分泌量が減っていきます。

だからお年寄りは頻繁に目をさましてしまったり、朝早く起きてしまったりするのです。

 

そういうときにオススメなのが、睡眠サプリです。睡眠サプリを備えておくことで、眠りがうまくいかない時に対応できるようにしましょう。

たとえ自分が眠れる状態になかったとしても、睡眠サプリがあれば、快適な眠りをサポートしてくれるので安心です

私も突如として寝付きが悪くなったときのために、常に睡眠サプリを常備しておいています。いつまでも寝れなくて時間がなくなっていくのって、とても気分が悪いですから…。

特に大事な会議やデートの前日に寝れないなんて、最悪です。

 

快適な眠りを安定して得るためにも、あなたも一つ備えておいてはいかがでしょうか?

>>おすすめの睡眠サプリをご紹介

 

 

睡眠は私たちの”人生”にとても大きな影響を与えます。もし毎夜ぐっすりと眠れなのなら、次のようなメリットを得られるからです。

  • 1日すっきりした脳で生活できる。
  • 集中力が上がる
  • 日中眠くならない。
  • 頭の回転がよくなり、記憶力もよくなる。
  • 仕事やスポーツで成果が出やすくなる。
  • 気持ちが安定して周りに優しくできる。
  • お客さんや上司から信頼されやすくなる。
  • 笑顔が多くなって人気がでる。人から好かれる。
  • うつ病になりにくくなる。
  • アドレナリンが出るようになり、色々なことを楽しめる。
  • 速やかに眠れるので、時間が無駄にならない。
  • 肌のキメが整い、美しい肌を得られる。
  • 傷や病気の治りが早くなる。
  • 病気にかかりにくくなる。
  • 老化が遅くなる。
  • 認知症やガンのリスクが下がる。
  • 糖尿病や高血圧などの生活習慣病リスクが下がる。
  • 寿命が伸びる。

毎日繰り返す睡眠なだけに、快適な眠りを意識するのとしないのとでは、大きな差になってきます。

最低限これら4つのポイントを抑えるだけで睡眠は改善されますから、この機会に睡眠を見なおしてみてはいかがでしょうか?