睡眠時間をたった4時間半で済ませる方法

遠藤拓郎さんの「4時間半熟睡法」によると、

成功者といわれる人たちはたいてい睡眠時間を削り、人より多くの仕事をこなすことで競争を勝ち抜き、成功をおさめています。

人並みに睡眠時間をとっていれば、成功はおぼつかないかもしれません。

だそうです。また、そもそも4時間ほどしか睡眠時間を取れないという方もいらっしゃいますよね。

しかし、人間は通常6~7時間半程度の睡眠を必要としますので、安易に睡眠時間を削るのは危険です。仕事のクオリティや思考スピードは落ちますし、短命にまで繋がってきます。

「4時間睡眠」や「4時間半睡眠」といった短眠にするのなら、それなりの知識を準備しておいたほうが良いでしょう。

当サイトでは6時間以上の睡眠を推奨していましたが、4時間半睡眠または4時間睡眠について知りたい読者さんも多いようなので、この記事では4時間半睡眠法についてご紹介します!

「睡眠時間をたった4時間半で済ませる方法」の続きを読む…

ブルーライト対策をしよう!不眠の原因になるから注意せよ!

最近はテレビやスマホが普及した影響で、液晶モニターやLEDモニターが生活に根付いています。1日中これらを見ない人がほとんどいないでしょう。今このサイトを見ているあなたもモニターを眺めているはずです。

しかしこれらのモニターは「ブルーライト」と呼ばれる、脳を活性化させて眠りを妨げる光を発しています。

ですからできるだけ寝る前にはモニターを見ないほうが良いのですが、仕事や勉強、遊びの関係上で寝る前にモニターを見ることは多いですよね。

そういう方には、ブルーライト対策をしておくことをオススメします。「夜なかなか寝付けない」という方は、「なぜか眠りが浅くなる」とうい方は、すぐにでも対策してみてください。

「ブルーライト対策をしよう!不眠の原因になるから注意せよ!」の続きを読む…

子供のいびきの原因と治し方

いびきというと中年のおじさんしかしないイメージがあると思いますが、子供の約1割が2~6歳のうちにいびきをかきます。特に身体が小さい子ほどいびきをかきやすいです。

これがうるさいだけなら「可愛らしい」で済むのですが、いびきは子供の睡眠を妨げ、脳の成長に悪影響を及ぼします。また肥満の原因にもなります。

とくにいびきが無呼吸症候群にまで悪化してしまったら、深刻な脳障害が残る場合もあります。子供の身体はとてももろいもので、ちょっとした症状に見えても意外とひどい場合があるので注意してあげてください。

この記事では意外と怖い子供のいびきについてご紹介します。

「子供のいびきの原因と治し方」の続きを読む…

寝れなくなるから要注意!カフェインの秘密

私たちの身体は10時~14時に眠くなるように作られています。ですからこの時間にカフェインを摂取する人は多いでしょう。仕事の効率を上げるために飲んでいる方もいるかもしれません。

コーヒーといえば仕事や勉強の心強いお供です。大変なな仕事だとしても、コーヒーを飲むと頑張れてしまうから不思議ですよね。

しかしそのコーヒーの効力ゆえ、使い方を間違えると寝れなくなるので注意が必要です。もし飲む時間を間違えたら、朝まで寝れなくなる恐れがあります

この記事では、カフェインが睡眠にもたらす影響をご紹介します。

カフェインとは?

カフェインは、精神刺激薬のひとつで、主に中枢神経を興奮させて覚醒させたり、心を強くする効果があります。「カフェイン」という名前は、コーヒーに由来してつけられました。ありがたい効果がある一方で、副作用もあるので使用には注意が必要です。

「寝れなくなるから要注意!カフェインの秘密」の続きを読む…

とにかく辛い!花粉症で寝不足になる理由と対策

erwf43erfre

花粉症の方にとっては地獄の季節がやってきました。日本で特に激しいのはスギ花粉で、2月3月にピークを迎えます。

花粉症の時期は家から出ただけで目が真っ赤になり、鼻水はだらだら、鼻水が喉に詰まってむせてしまうこともありますし、どんどん減っていくティッシュ代もバカにはできません。

それだけならまだしも、私たちにとってとても重要な睡眠までもが妨げられるのですから困ります。

しかし、花粉がどうして睡眠を妨げるのでしょうか?その理由と解決策をご紹介します。

「とにかく辛い!花粉症で寝不足になる理由と対策」の続きを読む…

生理中に眠くなってしまう原因と対策

生理中はあまりに眠くなってしまい、家事や仕事どころではなくなることってありますよね。この問題には本当に多くの女性が生理中の眠気で悩んでいます。

今まで生理中の眠気について相談してきた方は、このように仰っていました。

  • 「生理中は異常に眠くなって何もできない」
  • 「生理中は座っただけで寝そうになる。仕事が辛い」
  • 「痛いし眠いし最悪、なのに夜は寝れない」
  • 「生理前から眠くなります。仕事中はずっと早く寝たいと思っています。」

しかし、どうして生理中にあれほどの眠気を感じるのでしょうか?その原因と対策をまとめていきます。

「生理中に眠くなってしまう原因と対策」の続きを読む…

睡眠不足と整理の関係|グッスリ眠るにはどうしたら良い?

生理には女性ホルモンの働きが大きくかかわっていますが、ホルモンの多くは睡眠中に分泌されます。睡眠が十分ならば問題ありませんが、睡眠が不足すればホルモンの分泌にも異常が生じ、生理にも異常を生じます

また逆に、生理によるストレスが睡眠不足を引き起こすこともあります。このように、生理と睡眠不足は密接な関係があるのです

 

最近は女性が男性と同じように働ける社会になってきていますが、身体の作りまで男性と同じとはいきません。

にも関わらず「男女平等」の名のもとに男性と同じように働かなければならないのですから、女性にとって生理と睡眠不足は死活問題になることがあります。

この記事では、睡眠不足と生理の関係、そして生理中でもグッスリ眠るための方法とご紹介します。

「睡眠不足と整理の関係|グッスリ眠るにはどうしたら良い?」の続きを読む…

毎日グッスリ!深く眠るための枕の選び方

寝ているときに、なんとなく首がリラックスできない感じがして枕を二つ折りにしたり、枕の下に両手を置いたりしたことはありませんか?

そういった経験がある方は、もしかしたらご自分の身体に枕が合っていないかもしれません。合わない枕を使っていると身体に負担がかかって気持ちよく眠れませんし、脳と身体が効率よく回復できなくなります。

 

一方で、一度適した枕を選んでしまえば、毎日毎日、来る日も来る日も快適な眠りを得ることができます。

私たちは1日のうち「3分の1~4分の1」くらいの間眠っています。ですから睡眠環境が私たちに与える影響は、とてつもなく大きなものなのです。

この記事では、睡眠の質を上げるための枕の選び方をご紹介します。

「毎日グッスリ!深く眠るための枕の選び方」の続きを読む…

起きたくないのに起きてしまう!早朝覚醒の治し方

「しっかり睡眠時間を確保できるようにしたのに、なぜか早く起きてしまった…。」そして睡眠時間は十分だったのかと思って活動してみたら…朝10時くらいに早くも眠くなってくる。

そうやって早く起きるにも関わらず、睡眠が十分でない。しかも再び寝ようとしても上手く眠れない。このような症状を早朝覚醒と言います。

寝付くことができても、朝早く目が覚めてしまい、再び入眠できない状態である。合計睡眠時間が6.5時間に達する前に、覚醒が(30分以上)早く起こり、睡眠に戻ることができなくなる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/睡眠障害 より引用

早朝覚醒という言葉はあまり聞かないかもしれませんが、日本人の7.9%が早朝覚醒の問題を抱えていることが3000人規模の調査で分かっています。

「起きたくないのに起きてしまう!早朝覚醒の治し方」の続きを読む…

ノンカフェインの飲み物まとめ

カフェインは脳を活性化させて、安らかな眠りを妨げてしまいます。仕事や昼寝には有効活用できることもありますが、寝る前に飲むのは良くありません。

そこで代わりに飲みたいのがノンカフェイン飲料です。最近はカフェインがお腹の中の赤ちゃんに悪いと言われるようになった影響で、いろいろなノンカフェイン飲料が販売されています。

ですから、普段はあまりノンカフェイン飲料を見ないかもしれませんが、探してみると意外とたくさんの選択肢があります。

ノンカフェイン飲料とは?

カフェインが元々含まれていないか、カフェインを取り除いた飲み物を指します。市販の多くの缶コーヒーやペットボトルお茶などには大抵カフェインが入っているため気を付けましょう。

「ノンカフェインの飲み物まとめ」の続きを読む…