毎日グッスリ!深く眠るための枕の選び方

寝ているときに、なんとなく首がリラックスできない感じがして枕を二つ折りにしたり、枕の下に両手を置いたりしたことはありませんか?

そういった経験がある方は、もしかしたらご自分の身体に枕が合っていないかもしれません。合わない枕を使っていると身体に負担がかかって気持ちよく眠れませんし、脳と身体が効率よく回復できなくなります。

 

一方で、一度適した枕を選んでしまえば、毎日毎日、来る日も来る日も快適な眠りを得ることができます。

私たちは1日のうち「3分の1~4分の1」くらいの間眠っています。ですから睡眠環境が私たちに与える影響は、とてつもなく大きなものなのです。

この記事では、睡眠の質を上げるための枕の選び方をご紹介します。

「毎日グッスリ!深く眠るための枕の選び方」の続きを読む…

睡眠中に聴くのにオススメの音楽まとめ【リラックス】

「Youtube」でネットサーフィンをしていると、睡眠用音楽がたくさん見つかると思います。巷ではこういった睡眠用音楽があふれています。

しかし、それらはすべてが有効な音楽というわけではありませんし、使い方を間違えれば有効な音楽でもマイナスに働きます

ですのでこの記事では単に睡眠用音楽を紹介するだけでなく、有効な音楽について、そして効果的な使い方をご紹介します。
「睡眠中に聴くのにオススメの音楽まとめ【リラックス】」の続きを読む…

起きたくないのに起きてしまう!早朝覚醒の治し方

「しっかり睡眠時間を確保できるようにしたのに、なぜか早く起きてしまった…。」そして睡眠時間は十分だったのかと思って活動してみたら…朝10時くらいに早くも眠くなってくる。

そうやって早く起きるにも関わらず、睡眠が十分でない。しかも再び寝ようとしても上手く眠れない。このような症状を早朝覚醒と言います。

寝付くことができても、朝早く目が覚めてしまい、再び入眠できない状態である。合計睡眠時間が6.5時間に達する前に、覚醒が(30分以上)早く起こり、睡眠に戻ることができなくなる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/睡眠障害 より引用

早朝覚醒という言葉はあまり聞かないかもしれませんが、日本人の7.9%が早朝覚醒の問題を抱えていることが3000人規模の調査で分かっています。

「起きたくないのに起きてしまう!早朝覚醒の治し方」の続きを読む…

ノンカフェインの飲み物まとめ

カフェインは脳を活性化させて、安らかな眠りを妨げてしまいます。仕事や昼寝には有効活用できることもありますが、寝る前に飲むのは良くありません。

そこで代わりに飲みたいのがノンカフェイン飲料です。最近はカフェインがお腹の中の赤ちゃんに悪いと言われるようになった影響で、いろいろなノンカフェイン飲料が販売されています。

ですから、普段はあまりノンカフェイン飲料を見ないかもしれませんが、探してみると意外とたくさんの選択肢があります。

ノンカフェイン飲料とは?

カフェインが元々含まれていないか、カフェインを取り除いた飲み物を指します。市販の多くの缶コーヒーやペットボトルお茶などには大抵カフェインが入っているため気を付けましょう。

「ノンカフェインの飲み物まとめ」の続きを読む…

驚くほど頭がスッキリ!正しい昼寝の方法

日本ではずっと「昼寝はサボりだ」「昼寝できるなんて楽で良いな」「昼寝なんて論外。働けよ」といったアンチ昼寝の考えが横行していました。

しかしここ数年で昼寝が有効だという事実が広まり、多くの研究機関や教育現場で昼寝が採用されてきています。(職場ではサボりとの区別が付きにくいということもあり、まだ広まっていません。)

実際に昼寝を推奨しているのは有名どころで言うと、Google、Apple、NASAなどです。

 

昼寝をすることで、午前中に疲労して稼働効率の落ちた脳を再び活性化させて、作業効率を上げることができます。だから、

  • 眠気を感じる
  • 暗記しすぎて頭がいっぱい
  • 大きな問題・たくさんの問題を抱えて整理しきれない
  • 頭を使いすぎて疲れた

といった状態のときは、いっそのこと昼寝をした方が後の作業効率が上がるのです。ダラダラと活動するよりも、結果的に好ましい結果が出るでしょう。

「驚くほど頭がスッキリ!正しい昼寝の方法」の続きを読む…

厳選!いびき対策グッズまとめ

いびきをかくと睡眠の質が落ちますし、放置していると病気につながることもあります。また一緒に寝ている方に迷惑をかけてしまうかもしれません。

そんないびきには「いびき対策グッズ」が有効なのですが、種類がたくさんありすぎて迷ってしまいますよね。

この記事ではいびき対策グッズをおススメ&人気順でご紹介しますので参考にしてください。

「厳選!いびき対策グッズまとめ」の続きを読む…

時差ぼけを簡単に治す5つの方法

せっかく旅行に来たっていうのに、お昼に過ぎに起きて、あっという間に夜になって、朝5時まで眠れない。そして起きたらお昼過ぎ。

時差に上手く対応できないとこんな毎日になりがちです。これでは家でダラダラするのとあまり違いがありません。

一般的に時差が4時間以上あると時差ぼけしやすいため、時差ぼけ対策が必要になります。1週間も現地で生活していれば自然と治るそうですが、できるだけ早く解決したいですよね。

時差ぼけを簡単に治す5つの方法をご紹介します。

「時差ぼけを簡単に治す5つの方法」の続きを読む…

メラトニンに副作用がない…はウソ!

巷では「メラトニンは副作用がないから安心!」などと謳っていることがよくありますが、そんなことはありません。

もちろん睡眠誘発剤や、睡眠サプリとして使われるセロトニンに比べれば副作用が少ないです。またメラトニンが1958年に発見されてから50年以上経つまでにさまざまな実験が行われてきましたが、大きな副作用がなかったのは確かです。

しかし、やはりメラトニンを過剰摂取すると色々な副作用が見られます。

 

「メラトニンに副作用がない…はウソ!」の続きを読む…

睡眠時無呼吸症候群とは?原因と対策

いびきには、2種類あります。

ひとつは通常のいびき、一時的な鼻づまりや飲酒、疲労などによって気道が狭くなったためのいびきです。こちらは一時的なもので音が小さいので、気にするほどではありません。

そしてもう一つは、「睡眠時無呼吸」を伴ういびきです。とても大きな音が出て、10秒以上呼吸が止まるのが特徴です。

放置していると様々なトラブルや病気の原因となるので、安易に考えないで、早めの解決が大事です。睡眠時無呼吸症候群の原因と対策についてご紹介します。

「睡眠時無呼吸症候群とは?原因と対策」の続きを読む…

放置は危険!いびきの8つの原因と解決策

「いびき」という言葉は知っていて、実物を見たこともあるけど、どうしていびきがするのか知らないという方はとても多いです。

ただ、身近で気にするほどじゃないと感じるかもしれませんが、病気につながることがあります。特に他人がうるさいと思うほどのいびきは、病期が裏に潜んでいることが少なくありません。

放置していると、睡眠時無呼吸症候群になって重大な病気につながることもあるので、注意しましょう。

なんと女性の15%がいびきをかいている!?

「いびき白書」によると、2001年のデータで女性の15%がいびきをかいていることがわかりました。つまり、20人に3人はいびきをかいているということです。自分で気が付くのは難しいため、実はあなたもいびきをかいているかもしれません。

「放置は危険!いびきの8つの原因と解決策」の続きを読む…