睡眠の質を向上させるために”最低限”すべきこと



  • 「一刻も早く睡眠を改善してぐっすり眠りたい!」
  • 「毎日眠くて辛いから、快適に過ごせるようになりたい!」
  • 「夜中に目をさましてしまう。中途覚醒をなくしたい。」
  • 「毎朝眠った気がしないから、質を上げて快適な朝を迎えたい!」
  • 「寝付きが悪くて時間がもったいないから、早く眠れるようになりたい」

少しでも早くこういった望みを叶えたいという方は、とりあえず”最低限”の対策でぐっすり眠れるようになりましょう!
私に10分だけください。それだけで、あなたがどうしたらぐっすり眠れるようになるか?が分かるようにしてみせます!
>>睡眠の質を向上させるために”最低限”すべきこと

厳選!いびき対策グッズまとめ

いびきをかくと睡眠の質が落ちますし、放置していると病気につながることもあります。また一緒に寝ている方に迷惑をかけてしまうかもしれません。

そんないびきには「いびき対策グッズ」が有効なのですが、種類がたくさんありすぎて迷ってしまいますよね。

この記事ではいびき対策グッズをおススメ&人気順でご紹介しますので参考にしてください。

「厳選!いびき対策グッズまとめ」の続きを読む…

時差ぼけを簡単に治す5つの方法

せっかく旅行に来たっていうのに、お昼に過ぎに起きて、あっという間に夜になって、朝5時まで眠れない。そして起きたらお昼過ぎ。

時差に上手く対応できないとこんな毎日になりがちです。これでは家でダラダラするのとあまり違いがありません。

一般的に時差が4時間以上あると時差ぼけしやすいため、時差ぼけ対策が必要になります。1週間も現地で生活していれば自然と治るそうですが、できるだけ早く解決したいですよね。

時差ぼけを簡単に治す5つの方法をご紹介します。

「時差ぼけを簡単に治す5つの方法」の続きを読む…

メラトニンに副作用がない…はウソ!

巷では「メラトニンは副作用がないから安心!」などと謳っていることがよくありますが、そんなことはありません。

もちろん睡眠誘発剤や、睡眠サプリとして使われるセロトニンに比べれば副作用が少ないです。またメラトニンが1958年に発見されてから50年以上経つまでにさまざまな実験が行われてきましたが、大きな副作用がなかったのは確かです。

しかし、やはりメラトニンを過剰摂取すると色々な副作用が見られます。

 

「メラトニンに副作用がない…はウソ!」の続きを読む…

睡眠時無呼吸症候群とは?原因と対策

いびきには、2種類あります。

ひとつは通常のいびき、一時的な鼻づまりや飲酒、疲労などによって気道が狭くなったためのいびきです。こちらは一時的なもので音が小さいので、気にするほどではありません。

そしてもう一つは、「睡眠時無呼吸」を伴ういびきです。とても大きな音が出て、10秒以上呼吸が止まるのが特徴です。

放置していると様々なトラブルや病気の原因となるので、安易に考えないで、早めの解決が大事です。睡眠時無呼吸症候群の原因と対策についてご紹介します。

「睡眠時無呼吸症候群とは?原因と対策」の続きを読む…

放置は危険!いびきの8つの原因と解決策

「いびき」という言葉は知っていて、実物を見たこともあるけど、どうしていびきがするのか知らないという方はとても多いです。

ただ、身近で気にするほどじゃないと感じるかもしれませんが、病気につながることがあります。特に他人がうるさいと思うほどのいびきは、病期が裏に潜んでいることが少なくありません。

放置していると、睡眠時無呼吸症候群になって重大な病気につながることもあるので、注意しましょう。

なんと女性の15%がいびきをかいている!?

「いびき白書」によると、2001年のデータで女性の15%がいびきをかいていることがわかりました。つまり、20人に3人はいびきをかいているということです。自分で気が付くのは難しいため、実はあなたもいびきをかいているかもしれません。

「放置は危険!いびきの8つの原因と解決策」の続きを読む…

飲み物別のカフェイン含有量まとめ

カフェインは睡眠に大きな影響を与えます。カフェインの興奮作用によって眠れなくなる恐れがあるので、寝る前5~6時間前には眠らない飲まないようにしましょう。

コーヒーや紅茶をコーヒーのお供にする方はとても多いですが、以下のカフェイン含有量を参考にして危険摂取量以上飲まないように気を付けてください。

カフェインの危険摂取量
  • 1日で250mg以上  :睡眠中の中途覚醒(途中で目を覚ます)
  • 3時間で850mg以上 :中毒症状

「飲み物別のカフェイン含有量まとめ」の続きを読む…

夢を見るレム睡眠が長いと疲れが取れない

レム睡眠とは、身体は眠っているけど脳は起きている、いわば「身体の眠り」です。

このときに私たちは夢を見ているのですが、起きたときに「夢をいっぱい見たな~、でもなんか疲れてるような。夢が激しかったから寝た気がしなかったのかな?」なんて思った経験はないでしょうか。

その疲れは、レム睡眠が長かったせいで身体に残っています。この記事では、なぜレム睡眠が長いと疲れが取れないのか、そしてその改善策をご紹介します。

「夢を見るレム睡眠が長いと疲れが取れない」の続きを読む…

睡眠不足は肥満の原因になるので要注意!

「寝ている間よりも起きている間のほうがエネルギーをたくさん使っていそうだし、痩せるのではないか?」そう考えている方は多いですが、実のところ睡眠不足は肥満につながります。

つまり、寝る時間を惜しんで仕事を頑張ってるからといって夜食を食べると2重で太りやすくなるわけです。ダイエット目的で睡眠不足を削って運動している方は、逆に太りやすい状態かもしれません。

一見関係がなさそうですが、どうして睡眠不足が肥満につながるのでしょうか?3つの理由をご紹介します。

「睡眠不足は肥満の原因になるので要注意!」の続きを読む…

寝る前に甘いものを食べると寝不足になるから注意して!

会社の帰り道でコンビニ立ち寄って甘い物買って帰る方は多いと思います。私もブラック企業にいたころは、毎日大変すぎてやっていられなくて、コンビニでおいしいケーキやプリンを買って帰っていました。

夜中の甘いものは心の支えになりますよね。ストレスが吹っ飛ぶとまではいきませんが、明日も頑張れるような気がしてきます。

しかし、甘い食べ物は眠りを妨げるので注意したほうが良いでしょう。ストレスを感じているからこそ甘いものが必要なのだと思いまうが、ストレスを感じているからこそ、深く質の良い眠りが必要です。

では、どうして寝る前の甘いものが寝不足の原因になるのでしょうか?

「寝る前に甘いものを食べると寝不足になるから注意して!」の続きを読む…