睡眠の質を向上させるために”最低限”すべきこと



  • 「一刻も早く睡眠を改善してぐっすり眠りたい!」
  • 「毎日眠くて辛いから、快適に過ごせるようになりたい!」
  • 「夜中に目をさましてしまう。中途覚醒をなくしたい。」
  • 「毎朝眠った気がしないから、質を上げて快適な朝を迎えたい!」
  • 「寝付きが悪くて時間がもったいないから、早く眠れるようになりたい」

少しでも早くこういった望みを叶えたいという方は、とりあえず”最低限”の対策でぐっすり眠れるようになりましょう!
私に10分だけください。それだけで、あなたがどうしたらぐっすり眠れるようになるか?が分かるようにしてみせます!
>>睡眠の質を向上させるために”最低限”すべきこと

お風呂に入るだけで寝やすくなるお手軽な4つの方法

ここ数十年で日本はすっかり長時間労働のストレス社会になってしまいました。その影響もあり、面倒くさがってお風呂に入らず、シャワーで済ませてしまう人がたくさんいます。

ですが、寝つきをよくしたり疲労を軽減するためにも、ゆっくりとお風呂につかることはとても大事なのです。

 

もちろん眠りに良いということは、自然と健康、長寿、美肌などにも良いわけです。普段からぐっすり寝ておくだけで、不眠に悩んでいる人よりも長く生きられる可能性がグッと高まります。

睡眠の質が良いにしろ悪いにしろ、人はどうせ寝るんです。お風呂に入るだけでそれだけの効果が得られるのであれば、やっておかなきゃ損だとは思いませんか?

この記事では、お風呂に入るだけで寝やすくなり、そして上質な睡眠による健康や美肌効果を得るための入浴法をご紹介します。

「お風呂に入るだけで寝やすくなるお手軽な4つの方法」の続きを読む…

命がヤバい!睡眠不足による20のデメリット

私達の頭の中には、電気屋さんでは到底変えないような、
超高性能なスーパーコンピューターである脳が入っています。

脳では、色々な思考、情報収集、判断、感情、記憶といった様々な情報処理がされていて、今の科学技術では作れないような、高性能の機能備わっています。

 

そしてそこでは、毎日膨大なエネルギーを使っています。

脳で使われるエネルギーは、なんと全体の20%。
全体重のうち1.3~1.5kgくらいしかない小さな脳で、それほどのエネルギーが使われるのです。

 

しっかり睡眠を取らないと、脳が十分な力を蓄えられません。

もしエネルギーの回復を怠ると、記憶力が悪くなったり、ボーっとして頭が働かなかったり、最悪いきなり意識を失うこともあります。またお肌や人間の命にも影響を与えます

 

他にもいろいろなデメリットがあるので、睡眠不足によるデメリットを一通りご紹介します。

「命がヤバい!睡眠不足による20のデメリット」の続きを読む…

子供の睡眠時間はどのくらいがベストなの?

「寝る子は育つ」という言葉をよく耳にするおかげで、ほとんどのお母さんお父さんが、子供にとって睡眠が重要だということを知っています。

まさにその通りで、子供のときの睡眠はその後の健康や身体の成長にまで影響を及ぼします。そのくらいに、子供の睡眠は重要なのです。

 

そんなわけで子供をできる限り眠らせようとする親御さんは多いんですが、「どのくらい眠れば良いのか?」や「いつ眠れば良いのか?」といったことまで理解している方は少ないです。

この記事では、いくつの子供にはどのくらいの睡眠が必要なのか?をご紹介します。

「子供の睡眠時間はどのくらいがベストなの?」の続きを読む…

よく眠れない人はイライラしやすい

あなたの周りに、少しくらい人から意見されたり、気に入らないことがあった途端、
いきなり怒り出して収拾がつかなくなる人っていませんか?

大人になるごとにそういう人は減ってきますが、イライラし出す人はよく眠れていない可能性が高いです。

なぜかというと、実験から「夜によく眠れないとイライラしやすい」ことがわかっているからです。

この記事では、どうしてよく眠れない人がイライラしやすいのか?
そして睡眠不足によるイライラ感の解消方法をご紹介します。

「よく眠れない人はイライラしやすい」の続きを読む…

日光に浴びないと人は「時差ぼけ」してしまう

エジソンが電球を開発してからというもの、人間の生活リズムは壊れ続けています。大人は遅くまで働き、子供は遅くまで遊びます。

その影響もあって、ここ数十年で国内にいるにも関わらず時差ぼけに悩む人がとても多くなってきました。

時差ぼけは、普通は海外へ行ったときにするものです。ですから日光に浴びないくらいで時差ぼけすると言われても、しっくり来ませんよね。

 

ですが私達の身体のつくりからして、決まった時間に日光に当たらないと、身体が時差ぼけしてだるくなってくるのです。

この記事では時差ぼけする理由と日光で改善する理由をご紹介するので、日光に当たることの重要性を再確認してください。

「日光に浴びないと人は「時差ぼけ」してしまう」の続きを読む…

赤ちゃんが夜中に泣き出さないようにしてぐっすり眠る方法

お母さんになってばかりの女性の多くは、マタニティーブルーになって、
情緒不安定な毎日を過ごすことになります。

「自分は本当は子供が欲しくなかったのか?」と勘違いしてしまう方もいますが、
まだ慣れない育児によるストレスやプレッシャーは、誰しも感じるのは当たり前です。

また、お腹の子を外に出したことによるホルモンバランスの急激な変化によっても、
身体に違和感を感じ、大きなストレスを感じるものです。

 

そこで心と身体のストレスを取り払う一番簡単な方法が「快眠」なのですが、
困ったことに、赤ちゃんが夜中に泣き出したりして、お母さんは十分な睡眠時間が取れないんですよね。

夜中に赤ちゃんがうるさいからといって、わが子の命を絶ってしまう方までいます。
そのくらいに、寝れないことによるストレスは大きなものなのです。

この記事では、あなたが子育てをしながらも快眠し、健康に過ごせるように、
赤ちゃんが夜中に泣き出さなくなる方法をご紹介します。

「赤ちゃんが夜中に泣き出さないようにしてぐっすり眠る方法」の続きを読む…

BESTEK アロマディフューザー BTODLM008を購入したのでレビューします

amazonで「BESTEK アロマディフューザー 超音波式 加湿器 多色変換 アロマ ライト BTODLM008」を購入したため、レビューしたいと思います。

今回は安価で無難で、性能が良い、アロマデビューに最適なアロマディフューザーということで、評判が良かったBESTEKアロマディフューザーBTODLM008を購入しました。

購入時のお値段は2,380円。お値段に負けない良い性能のディフューザーでした。

「BESTEK アロマディフューザー BTODLM008を購入したのでレビューします」の続きを読む…

親御さん必見!子供の睡眠と親の睡眠は連動している!?

あなたがお母さん、お父さんなのであれば、こんな悩みを抱えているかもしれませんね。

  • 「子供が寝てくれない」
  • 「言っても寝ないで遊んでしまう。」
  • 「寝るよう言っても、わがまま言って余計に寝なくなる。」

言っても言っても聞かないし、困りますよね。かといってちゃんと寝ないと子供の健康に悪そうだし、モンモンとしてくることがあると思います。

さて、そんなあなたに質問です。

「あなたは夜、どのくらいの時間に寝ていますか?」

意外に思うかもしれませんが、親の睡眠と子供の睡眠とには関係があるんです。
そして子供の夜更かしの原因の多くは、ここにある場合が多いです。

「親御さん必見!子供の睡眠と親の睡眠は連動している!?」の続きを読む…

ottostyle.jp RI・RA・KU 低反発枕を購入したのでレビューします。

ottostyle.jp RI・RA・KU 低反発枕

amazonで「ottostyle.jp RI・RA・KU 低反発枕 【約幅47cm×奥行き28cm×高さ8cm】」を購入したのでレビューしたいと思います。

購入のキッカケは、実家で長年使っていた低反発枕を思い出し、また使いたくなったからです。やはり長年使っていると体格関係なしに本能的な愛着のようなものを感じます。

一応先に断っておきますが、今回はどちらかというと失敗レビューとなります。

身体に合った枕というわけではないですが、感情的な問題ですね。そんなわけで購入してみました。

私が購入したときのottostyle.jp RI・RA・KU 低反発枕の価格は1,980円
以前使っていた低反発枕も2000円ちょうどくらいだったので、近いクオリティが望めると重い、購入しました。

「ottostyle.jp RI・RA・KU 低反発枕を購入したのでレビューします。」の続きを読む…

メラトニンの効果!寝不足以外にも役立ちます

メラトニンは、私達の身体に眠気を引き起こす睡眠ホルモンとして有名で、睡眠不足を改善するには「いかにしてメラトニンを分泌させるか?」が重要になってきます。

ただ、メラトニンの効果はそれだけではありません。

時に「奇跡のホルモン」とまで呼ばれるほどに、効果の幅は広く、そして有効なのです。

この記事では、メラトニンの様々な効果についてご紹介いたします。

「メラトニンの効果!寝不足以外にも役立ちます」の続きを読む…